海の食堂

CLIENT 株式会社 あ印

CREATIVE DIRECTOR 尾形 聡子 / ART DIRECTOR 近 直哉 / DESIGNER 坂本 大樹、石戸 桃子

COPY WRITER 崎山 智子 / PRODUCER 鯉沼 亜矢子

OUTLINE

茨城県にある水産加工会社、株式会社あ印様。地元で長年愛されてきたお惣菜シリーズが、内容量を見直し、食べきりサイズへリニューアルされることとなり、その商品ブランディングとネーミング、ロゴ、パッケージ、店頭POPの制作をお手伝いさせていただきました。

CHALLENGE

競合調査の結果、魚介を加工・調理したおつまみは市場が既に確立されていましたが、お惣菜は競合となる商品も少なく、売り場も明確に定まっていない状況であるとわかりました。そのため、まずはパッケージ単体で商品への理解を得ることを第一に、商品の見せ方などアウトプットを細かく検証。ターゲットの再設定も含め、現代のライフスタイルに合ったアプローチを探りました。

APPROACH

ターゲットを30代の若い家族・一人暮らしの方にフォーカス。生の魚介に触れる機会が減少傾向にある世代に、手軽に海の幸を楽しんでもらえるよう、親しみやすい顔つきのブランドを目指しました。『海の食堂』というネーミングを開発し、あ印丸を母船として各地で販売を手がけたという創業の由来から、船の形をしたロゴを制作しました。パッケージは元々培われてきた「地元ならではのシズル感」と「伝統製法」を大切にしながら、現代的なイメージにアレンジ。大きな窓から商品を見せることで、商品理解の速度を上げつつ、安心感を感じられるようにしています。

OUTCOME

パッケージと統一したグラフィックで、アレンジレシピを紹介する店頭POPも制作し、店頭でのコミュニケーションを強化。新たに近畿や中国・九州地方でも新規のお取引が増え、出荷数量が倍以上増加しました。水産売り場において今までにあまり類を見ない、パッケージングされたお総菜の商品ではありましたが、バラエティ商品ではなくブランドとしての世界観を作り上げることで、販路の拡大のみならず、あ印様の企業ブランドイメージ向上にも繋げることができました。

CONTACT